SWAN SONG

SWAN SONG

…………ねえ先生

それがこの世の真実ですか?

本当は

懸命に生きようとする努力も

人を愛したり愛されたりする

悦びも悲しみも

すべては作りもののまぼろし

どうしようもなく

無力で無意味なものでしか

ないのではないですか?

――田中ユタカ「愛人」

 その日、運命の12月24日。

 それまであたりまえのように続いてきた尼子司の日常は、突然の大地震により、跡形もなく打ち砕かれた。

 その時までかれの住居であったマンションは全壊、全財産をはたいて購入したピアノも全壊。

 霏霏として降りしきる雪のなかさまよううち、司は瀕死の女性からひとりの白痴の少女あろえを託される。

 彼女を連れて歩いていると、ある教会にたどり着いた。やがてそこに合わせて6人の若者たちが集まってくる。

 そしてその翌日、かれらは水没した街を目の当たりにするのだった。いったいこの世界に何が起こっているというのか? 一切の情報から遮断されたまま、青年たちの生きのこりを賭けたゲームが始まる。

 と、こう書くとあたかも『ドラゴンヘッド』のようなサバイバルサスペンスのようだが、じつはまったくそういう作品ではない。

 その雰囲気はひたすら静かで、主に登場人物の心象を中心に物語がすすむ。

 巨大災害における人間模様をえがいているにもかかわらず、『Fate』みたいなけれん味はかけらもなく、アクションシーンもほとんどない(これから出てくるのかもしれないけれど)。

 この作品の見所は、滅び行く世界のなかで、少しずつ、本当に少しずつ、機械の歯車が狂うようにして壊れていく人間たちの姿なのだろう。

 はじめは、だれもが、この大災害に対して微力を尽くして立ち向かおうとする。しかし、次第にすべてが絶望に蚕食されていく。

 ここまでプレイしただけでも、恐ろしく救いのない話であることがわかるのだが、この先はもっとひどい展開が待ち受けているらしいですよ? 楽しみだなあ。

 しかし、本当に暗く静かな物語である。ふつうのエロゲに見られるような、「萌え」とか「燃え」とか「癒し」といったものはここにはまるで見当たらない。

 メーカーのサイトでは「恋愛体験AVG」と書いてあるが、大嘘もいいところ。

 たしかに恋愛要素がないこともないんだけれど、せいぜい暗闇に呑みこまれて消えていくともし火程度のものだろう。この作品の主役はその闇のほうなのだ。

 それでいて、作品総体としての完成度は高い。ある意味、『らくえん』あたりとは正反対で、シナリオ、ビジュアル、音楽、すべてが高水準でバランスが取れている。

 ここまでプレイしてきたかぎりでは、特に欠点らしい欠点が見当たらない。

 特にシナリオの文章は非常に端正で、隙がない。たぶん、少し加筆すればそのまま小説として出版できると思う。

 そしてその端正な筆で紡がれるのは、死のように静謐な物語なのである。こんなエロゲがあっていいのだろうか。

 だって、このメーカーのほかの作品は『あやつりブルマー』とか『メイドさんしぃし〜』なんだぜ(笑)。

 この空気読まなさかげんが素晴らしすぎる。また一本、自分にとっての記念碑となる作品と出逢えたようだ。こういうことがあるから、エロゲ漁りはやめられないぜ。