奇術師の密室 (扶桑社ミステリー)

奇術師の密室 (扶桑社ミステリー)

 あの事件をありていにいうなら、どうなるか。受難劇かと訊かれたら、多少は、と答えるしかない。奇談? もちろんだ。恐怖劇? 惜しい。愛憎劇? そりゃもう。ブラックコメディ? それは見方しだいだろう。まあ、そういったもののごちゃまぜだ。
 一九八〇年七月十七日の午後に、あの屋敷で起こったことについては、奇妙奇天烈といっておけば、まちがいない。
 では、話に入るとしよう。これからはじまるのは、欲と冷血、恐怖と略奪、サディズムと殺人――
 そしてアメリカ式の愛の物語だ。

 リチャード・マシスンの名前をご存知だろうか。

 直接には知らなくても、スピルバーグが映画化したサスペンス小説『激突!』の作者といえば、ああそうか、とうなずかれる方も多いかもしれない。

 SF、ホラー、ミステリ、サスペンス、とジャンルを股にかけて活躍する娯楽小説の巨匠である。

 本書『奇術師の密室』は、そのマシスンが齢七十を超えて書き上げた本格推理小説

 普通、どんな作家でも、歳を取ればそのしるしが作品にもあらわれるものだが、どうしてどうして、本書を読む限り、マシスンの手際に衰えは見えない。

 それどころか、この作風の若々しさはどうだろう。全編稚気と諧謔に満ち、最後の最後まで展開を予想させない、その技巧はまさに魔術的。巨匠、貫禄の一作である。

 本書の語り手を務めるのは、かつては「偉大なるデコラート」として一世を風靡した奇術界の大物、エミール・デコラート。

 ありとあらゆる騙しの技をきわめ、満場の聴衆を手玉に取ったかれも、いまは脱出マジックの失敗がたたって植物人間の身の上。

 意識は曇りもなく鮮明だが、指一本動かすこともできない。この老デコラートの目の前で、凄惨な殺人奇術の幕が開く。

 主な登場人物は、老デコラートを含めてわずか6人。

 かれの名前を継いだ息子マックスと、マックスの不貞な妻カサンドラカサンドラの不倫相手でもあるマネージャーのハリー、カサンドラの弟ブライアン、そして保安官のプラム、それですべてである。

 事件はマックスがハリーを呼び出してかれをいたぶるところから始まる。

 ハリーが自分を裏切っていることを知ったマックスは、得意の魔術の技でかれを翻弄し、あげくの果てにカサンドラの目の前で毒を飲ませる。

 抵抗も虚しく倒れるハリー。カサンドラは保安官を呼び、マックスを告発するのだが、かれは余裕綽々、たしかにハリーを殺したのは自分だ、そしてその亡骸はこの「マジック・ルーム」のどこかにある、見つけ出してみせろと挑発する。

 死体を持ち去る時間がなかった以上、その言葉には信憑性がある。

 カサンドラと保安官はさっそく死体さがしを始めるが、敵は奥義をきわめた天才奇術師、場所はさまざまな仕掛けがほどこされたマジック・ルーム、かれらはマックスの掌の上で踊らされることになる。

 はたしてハリーのからだはどこに隠されているのか? そしてマックスの真の目的は何なのか?

 すべてを目撃しながら口をはさむことができない老デコラートの目の前で、事件は予想外の方向へ転がりつづけていく。

 さて、この小説、はじめはハリーの死体の隠し場所を巡る推理劇に見える。

 ところが、途中であっさりとその真相は明かされ、マックスの犯罪計画も夢と破れたかに思える。しかし、そこからさらに事態は二転三転していく。

 序盤の皮肉な展開もおもしろいが、何といっても素晴らしいのは終盤のどんでん返しに次ぐどんでん返しだろう。

 よく考えてみれば、シェイクスピアギリシャ悲劇並みに悲惨な話なのだが、老デコラートのユーモアを忘れない語り口が重さを感じさせない。

 ひと言も話せないにもかかわらず、心のなかでは減らず口を叩きつづけるこの老人、ちょっと『ジョジョの奇妙な冒険』のジョセフ・ジョースターを思わせるものがある。

 もちろん,本当の植物人間の心境はもっと暗いものがあるとは思うが、この物語はあくまで稚気と華麗さが売物の推理小説。野暮な突っ込みはなしにして、悲しくも楽しい悲喜劇を見守ることにしよう。

 それにしても、マシスンの騙しの巧さは驚くべきものがある。

 ようやく真相が明かされたかと思ったら、それもまた騙しで、その奥にさらなる真相が隠されているのだ。

 最後には、いったいだれが騙していて、だれが騙されているのか、それすらわからなくなってくる。

 何しろ、自分こそほかの全員を騙していると信じている人物も、実は騙されていたりするのだ。

 騙すほうも奇術師なら、騙されるほうも奇術師、たがいの心理の裏の裏を読みあう命懸けのゲームは実にスリリングだ。

 何の罪もないのに、こんなゲームに関与させられる羽目になった保安官は憐れとしかいいようがない。

 物語はマジック・ルームに始まり、マジック・ルームに終わる。あなたは舞台の幕が下りる前に、事の真相を見抜くことができるだろうか?

 老年の巨匠が遊び心たっぷりに贈る、コン・ゲーム小説の秀作である。おすすめ。