絶対可憐チルドレン (7) (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン (7) (少年サンデーコミックス)

「あら、能力は関係ないわ。皆本さんはとられちゃったけど、私は私で薫ちゃんをひとりじめできるじゃない?」

 超能力アクションコメディ『絶対可憐チルドレン』第7巻。

 うん、この巻もちゃんとおもしろい。おもしろさの質がぶれないですね。どの巻、どの回を読んでも同じように質が高いし、笑えるし、楽しめる。

 この巻では主に葵ひとりを連れて京都へ向かった皆本の話と、東京にのこされたふたりのチルドレンの話が並行して語られるわけですが、どちらの話も非常に安定しています。

 椎名さんくらいになると、このレベルの話はいくらでもあらたに生み出すことができるものなのかもしれません。

 とはいえ、もちろん、いつまでも同じような話を続けていたら飽きられる。そこで、この作品では遠い未来の話を伏線として匂わせつつ、少しずつ新キャラクターを増やしていきます。

 ここら辺のさじ加減はさすがにベテランの技で、凡手には真似できないものがありますね。

 ご存知のように少年漫画の激戦区で続けざまにヒット作を出すのは並大抵のことではありません。椎名さんも『GS美神極楽大作戦!!』を当てたあと、しばらく停滞していた印象があります。

 その時期に描かれた作品を読むと、凝っていておもしろいものの、素直な意味でのカタルシスに欠ける印象は否めません。シンプルにしようとしても、どうしてもそういう方向に行っちゃうんでしょうね。

 この漫画も男性主人公が何の超能力ももっていないという意味では奇策と言ってもいいかもしれません。しかし、その根底に流れるポジティヴな思想はまさに少年漫画の王道。これからの展開に期待が高まります。

 打ち切られないで続くといいな♪