見終わった。

 いやあ、今年はチュートリアルの圧勝でしたね。もう、最終決勝のネタが始まって1分くらいのところで、「ああ、今年はチュートリアルだな」と思った。

 麒麟もおもしろかった。フットボール・アワーも悪くなかった。でも、チュートリアルは圧倒的でした。島田伸介の言う通り、ポール・トゥ・ウィン。決勝でも1位、最終決勝でも1位、それも素人目にもはっきりわかるくらいの圧勝でした。

 最終決勝での審査はM−1史上初のパーフェクトが出ましたが、それも納得の出来です。

 決勝のネタを見たかぎりでは、チュートリアルフットボール・アワーの一騎打ちかな、と思ったのですが、最終決勝では大差がついた印象です。

 最終決勝の麒麟のネタを見たときは麒麟の優勝もありもしれないとも考えたんですけどね。ここまでスキルの差を見せつけられると脱帽するしかありません。

 わずか1ポイント差で最終決勝にのこれなかった笑い飯は残念でした。ここまで全体のレベルが高くなってくると、後半でスパートをかけて一気に笑いを持っていく、というスタイルではもう通用しないのかもしれません。毎年優勝候補にあげられながら優勝を逃がしてきたのも理由のないことではないってことですか。

 今年は一番手のPOISON GIRL BANDがいまひとつだったのでどうなるかと思ったけれど、終わってみればハイレベルのたたかいでした。

 5人組のザ・プラン9もおもしろかったんですけどね。やっぱり「天使と悪魔」というネタは平凡すぎたのかもなあ。

 それは敗者復活のライセンスにもいえることで、ここまで来て「ドラえもん」ネタというのはあまりに凡庸すぎたように思います。

 変ホ長調は毒舌ネタでおもしろかったけれど、これは素人だからこそいえるネタだよなあ。チュートリアル麒麟とのスキルの差はあきらかです。彼女たちに負けたPOISON GIRL BANDは悔しいだろうな。

 トータルテンボスは、えーと、どんなネタだったっけ?

 こういうウェブログで独断と偏見により作品の評価を下していると、当然、自分の判断に疑問が生じることもあります。本当に自分の評価は正しいのか? いや、そもそもエンターテインメントに個人の好みという以上の落差なんてあるのだろうか?

 しかし、今回のチュートリアルのように優れた技を見せてもらうと、たしかにそれはあるのだ、という確信が湧いてきます。ぼくにそれが評価できるのかはともかく。

 今回のチュートリアルのネタはたまたまおもしろかったわけではなく、繊細な演技力や発想力、間を作り出す能力に支えられていることはあきらかで、そう、これをこそ「芸」と呼ぶのでしょう。

 きっといまごろチュートリアルの二人にはたくさんの祝福がとどいていると思います。おめでとう、チュートリアル。これからもおもしろい漫才をよろしく。といっても、新潟ではなかなか見る機会もないんですけどね。

 ああ、おもしろかった。来年も見よ。