トップページ以外の無断リンク禁止を唱えるこのページはてなブックマークで話題になっている。

 炎上といえば炎上だが、生暖かく見守っているひとばかり。本気で怒っているひとはひとりもいないんじゃないだろうか。

 筋の通らない発言もここまで来るといっそかわいげが生じると見えて、ツンデレ扱いして萌えているひとも少なくない模様。末世じゃのう。

 それにしてもこのひとは言うことが凄い。「この烏合の衆」と来たものだ。意味をわかって言っているのかな。

 辞書によると、「烏合の衆」とは、「烏の群れのように規律も統一もなく集まること」。はてなブックマーカーはだれかに組織されてブックマークしているわけではないのだから、烏合の衆で当然である。こんなの、悪口にもなりやしない。

 これを読んで思い出したのが、この記事。「実名でもう1回トラックバックしていただけないでしょうか。この卑怯者め、穢多が!」とある。いや、穢多て。ひとのののしりかたが一世紀ほどタイムスリップしているんじゃないだろうか。

 勿論、江戸時代の身分制度の影響がきょうまでのこり、部落差別の問題につながっていることは知っている。しかし、いくらなんでもいまどき「この穢多が!」とののしるひともめずらしいだろう。

 まったく、世の中にはいろいろなひとがいるものだ、と言うしかない。なるべくお近づきにならないように、生暖かく見守ることにしよう。勿論、無断リンクはするけれどね。