「Kanon」第2話を見る。今回も安定したクオリティの高さ。ただもううっとりと画面を見つめることしかできない。

 それにしても、よくできた脚本である。余りにも丁寧に整理されているので、ひょっとしたらすごくよくできた物語だったかもと錯覚を起こすくらい。じっさいには、めちゃくちゃな話なんだけどなあ。

 「AIR」と違って放送期間が2クールもあるので、脚本も尺の余裕を感じさせる。学校に行ったとき、今後の物語の舞台となる階段前の踊場や裏庭を印象付けているのは、アニメオリジナルの展開だ。

 ほかにも端々で原作を改変しているんだけれど、それでいて原作から逸脱した印象は全くない。おどろくべき理解度の高さ。この作品のスタッフ、どれだけこのゲームをやりこんでいるんだか。

 既に原作をプレイしている人間の目で見ると、この時点でかなりの数の伏線が仕込まれていることがわかる。

 これが後半で炸裂して、この時点ではライトなコメディに見える物語が、センチメンタルな悲劇へと変わっていくのだ。勿論、本当は、すべての悲劇は既に起こってしまっているのだけれど。

 原作は、いくら人気作とはいってもしょせん7年前の作品なので、企画としては「涼宮ハルヒの憂鬱」ほどのインパクトはないと思う。しかし、ぼくは「ハルヒ」よりこちらのほうが遥かに好き。

 唯一の問題点は、この作品を見てしまうともはや原作をプレイする必要がないということか。じっさい、アニメ→原作と進んだら、北川くんの個性の薄さにおどろくと思うよ。