日本という国 (よりみちパン!セ)

日本という国 (よりみちパン!セ)

 「中学生以上すべての人」に向けて、さまざまな専門家の言葉を集めた「よりみちパン!セ」シリーズの一冊。

 太平洋戦争以前から、自衛隊の海外派遣に至る日本の近代史を手堅くまとめている。読むひとによっては、辛口の内容と感じるかもしれない。まあ、しかし、事実は事実ですからね。どうしようもない。

 と、ぼくなどは思うのだが、Amazonを見ると、例によって、これは自虐史観だという批判もあるようである。この自虐史観という概念自体、ぼくにはあまり納得できないのだが。

 そもそも、自虐とは「自分で自分を痛めつけること」である(辞書)。したがって、自虐史観とは、「自分で自分を痛めつけるような歴史観」ということになる。

 しかし、この本の著者にとって、あきらかに「自分」と「日本」は別物なのだから、その歴史を批判したところで、自虐になるはずがないではないか。

 日本の近代史を批判することは即ち「自虐」である、とかんがえるのは、「自分」と「日本」が自意識のなかでべったりと貼りついている証拠のように思える。いや、貼りついているべきだ、とかんがえるひともいるわけですが。

 もし本当に自虐史観というものがありえるとしたら、それは、「太平洋戦争で日本が敗北したのはみんなおれのせいだ」とか、「安田講堂が陥落したのもすべておれの努力不足だ」というものになるのではないだろうか。

 それこそ真の自虐史観というべきで、日本の近代史を批判する程度は、自虐史観の名にふさわしくないように思う。