ライトノベル作家清水マリコによるジュブナイルポルノ長編。

 清水マリコといえば、「Kanon」、「Natural」、「君が望む永遠」など多くの18禁ゲームの小説化を手がけ、それからライトノベル作家に転身した人物ですが、オリジナルのジュブナイルポルノはこれが初めてらしい。

 しかし、これまでのノベライズの経験が活かされたのか、なかなか高品質な作品に仕上がっています。どんな意味で高品質なのかはあれですが。ていうかふつうに小説うまいね、このひと。

 ところで、こういう話題を取り上げるといやがる女性読者もいるんじゃないかなあ、とは思うのですが、どうせ女性読者なんてほとんど皆無にひとしいと思うので、続けることにします。もともと心がピュアなひとには読むに耐えない日記だしね。

 主人公は毎日痴漢に遭うことに思い悩んでいる少女。めがねで巨乳の彼女は、同級生の少女たちに性的奉仕を教養されるのですが――と、定番ながらえろえろの物語が待ち受けています。

 たぶん純粋にエロスをもとめて読むひとでもじゅうぶん満足できる分量だと思う。でもさいごはらぶらぶハッピーエンド。

 最近、この手のらぶらぶ系のジュブナイルポルノ作品が多数発売されているところを見ると、いわゆる鬼畜陵辱系が苦手な男性だって少なからず存在するのではないでしょうか。

 ぼくも(意外にも)ハードな陵辱ものは見るに耐えないひとなので、こういう作品の登場はよいことだと思います。ここからあたらしい才能が出てきたらおもしろいね。