一葉の写真―若き勝負師の青春 (講談社文庫)

一葉の写真―若き勝負師の青春 (講談社文庫)

 またしても将棋もの、またしても先崎学である。おもしろい本というものは、読めば読むほどに同じ書き手のべつの作品を読みたくなる。

 このように書き手の「鉱脈」を見つけて、一心にそれを掘り進んでいるときが、読書はいちばんたのしい。歳月を経ても変わらぬ至福の時間だ。

 さて、今回の一冊はその先崎の初著書にあたる。後年のエッセイに比べると、はっきりと若書きで、荒削りな印象がつよい。

 プロの書き手ではないから文章の巧拙などは問わないが、なんというか、余裕に欠けているのである。いまのぼくより年下のうら若い青年が書いていると思えば、これでもじゅうぶんにおどろくべきり力量ではあるのだが。

 ただ、あまりにも野次馬的な言い草には、「そんな他人ごとみたいな論量でいいの?」と疑問がわかないこともない。これにかんしては、師匠の米長邦雄が書いている序文が的確な批判となっている。

 ふつう前書きといえばそのあとにつづく文章がいかにおもしろいか、ためになるか、縷々と述べているものだと思うのだが、この大師匠、ちっとも弟子の初著書を褒めない。それどころか辛口の批判をつらねている。

 その内容をひと言でまとめるなら、「他人を批判している暇があるなら、お前がやってみろ」となる。まったくもっともな意見だと思う。

 先崎学は将棋ライターではなく一棋士なのだ。そういう意味でも若さを感じさせる一冊といえる。ぼくごときにいわれたくはないだろうが。