ぼくが小説離れしているあいだに大山誠一郎の新作、それも長篇が出たらしい。さすがにこれは読まなければ。有栖川有栖の新作長篇も出ているが、こちらはまあそのうち。