よし、青空文庫で「黒死館殺人事件」を読みあげて時代の寵児になろう!と思い立ち、10分ほどで挫折する。無理だ。無理である。しかたがないので、中島敦の短篇を二篇読む。これなら読める。