「DEATH NOTE」完結。

 賛否両論あるだろうが、ぼくは素晴らしい結末だったと思う。やはりこの作品は少年漫画史上にのこる大傑作なのではないか。書きたいことはいろいろあるが、単行本最終巻が発売されるときまで待つことにしよう。