ブログのコメント欄を閉鎖するのは損失である


 ウェブログのコメント欄閉鎖についての話。

 まあ、いうまでもなくコメント欄なんて開くのも閉じるのも本人のかってであるわけですが、閉じてしまえばデメリットがあることもたしかですね。メリットとデメリットを秤にかけてよいほうを選べばいいと思います。

 コメント欄の閉鎖は「ウエブログを持たず、はてなIDも持たない人の発言の機会を奪う」とありますが、その「発言の機会」というものは、いわば管理人の善意によって提供されていたものに過ぎないわけです。

 「どんな閲覧者も無条件で発言の機会をあたえられて当然」みたいに考えてしまうとおかしくなってくるのではないでしょうか。

 ちなみにはてなの場合は、コメント欄を閉じても過去のコメントは閲覧できる設定もあるので、「コメント欄を閉鎖すると過去のコメントが閲覧出来ない」という問題は成り立ちませんね。

 ぼく個人にかんしていうなら、コメントはたくさんついていたほうが嬉しいです。というか、ぼくはコメントがなくなったらブログをやめると思う。なにかしらの反応が返ってくるからやる気が持続できるのであって、発言することじたいが目的であるわけではない。

 たしかにコメント欄をひらいているかぎり、気の滅入るネガティヴコメントが書き込まれる可能性はつねにあります。ただ、ぼくはそれでもコメントがあったほうがいいと選択したということですね。善悪の問題ではなく、意志の問題です。

 というわけで、これからもコメントよろしく。