「DEATH NOTE」を読む。こう来たかあ。長い物語もこれで決着かな。

 ここ最近の「DEATH NOTE」は小畑さんの神業的な画力がいよいよ冴えわたり、恐ろしいほどの表現力に圧倒される思いでしたが、それもこれで終わりでしょう。さすがにこの状況からの逆転はかんがえられないと思う。

 あと何話かかけて幕引きをやって第二部完結ということになるのでしょうか。いくら悪名高い「週刊少年ジャンプ」とはいえ、ここから第三部が始まるということはありえないと思います。これで最終回でしょう。

 たぶんのこすはあと数話というところだと思いますが、「DEATH NOTE」が完結したらネタバレチャットをひらくことをかんがえています。単行本派のひとのことも考慮して、単行本で完結した時点でひらくことにしましょう。

 「DEATH NOTE」の既刊をふりかえって思い出話に花を咲かせるのもたのしいのではないでしょうか。ひとが集まってくれるといいんだけれど。

 それにしても、「DEATH NOTE」が終わってしまったらいったいなにを楽しみにして生きていけばいいんだろうなあ。この二年間、毎週毎週本当にたのしませてくれた漫画でした。その少年漫画のあらゆる常識を打ち破った革命的な内容は、のちのちまで語り草になることと思います。

 この漫画をリアルタイムで読めたことは幸運だった。まあ、まだ終わったわけじゃないんだけれど――ぼくのなかでは今週最終回だったかも。