魔法先生ネギま! (14) (少年マガジンKC)

魔法先生ネギま! (14) (少年マガジンKC)

 「魔法先生ネギま!」、前作「ラブひな」にならぶ第14巻です。そろそろ「おもしろかった」以外の感想が出てこなくなりつつあるなあ。いや、ほんとおもしろかったよ。

 この巻では前巻まで延々と繰り広げられていた武道大会から打って変わって、恋愛エピソードが中心になっています。

 ここらへんの切り替えの巧さは、人気がなくなるとやたらにバトルを始める類の漫画とは雲泥の差で、少年漫画も進化したものだとしみじみ感心させられますね。

 さて、この巻で特徴的なのは、じつは全然ネギが主人公じゃない、というところでしょう。この巻の物語の中心となっているのは、あきらかに亜子であり、夕映であり、のどかであり、つまりヒロインたちのほうです。

 はじめはたんなる「記号」の組み合わせとして生まれてきたキャラクターたちが、物語のなかで成長し、ついにはここまで主体的な葛藤を見せるようになったということに感動します。

 「魔法先生ネギま!」という漫画が、超複雑に錯綜した人間関係をもっていながら、読者を混乱させずに物語を進められるのは、ひとつにはすべての人間関係の中心にネギがいるからです。

 物語というものは、基本的に視点人物が増えるほど複雑にわかりにくくなっていきます。だれに感情移入したらいいのか、だれを中心に眺めればいいのかがわかりにくくなるからです。

 その点、「ネギま!」はここまで行方不明の父親をさがし求める少年の成長物語という軸を崩さずに来ています。だからこそ、一部のマニアックな読者だけでなく、一般の読者にも広く受けいれられることができたわけです。

 しかし、ネギが変身したナギに恋する亜子や、恋と友情の境目で悩む夕映を見ていると、いずれネギから離れたところでの物語が語られることもありえるのではないかと期待してしまいます。

 じっさい、絶体絶命の亜子のもとにかっこよくネギが駆けつけるあたりの展開は、もうほとんど少年漫画の文法じゃないですね。赤松健みずから日記で「女性にもおすすめ」と書いているのはうそじゃない。

 この巻では赤松さんお得意のサービスカットがほとんど見られなくなっているんですけど、さらなる読者層の拡大をねらっているのかなあ。いったいこの漫画は、そして赤松健という漫画家はどこまで進歩していくのか、注目せずにはいられません。

 前述したように、この巻で巻数としては前作「ラブひな」にならんだわけですが、物語はまだまだ終わる様子を見せません。むしろひととおりキャラクターの顔見せが済んだこれからが本番なのではないかとすら思えます。

 タイムマシンを用いて同じ一日を複数回体験するという荒業で描かれる学園祭は、次の巻でようやく最終日に入るわけですが、現段階でもたぶん漫画史上最大の規模でしょう。

 いったい最終日にどんな波乱が待ち受けているのか、超(チャオ)はなにを企んでいるのか……。それはともかく、亜子かわいいよ亜子。