「ネギま!」があまりにもおもしろいので、赤松健の初長篇作品(だよね?)「A・Iが止まらない!」を古本屋でさがし出して読んでみました。読んでみたのですが――へ、へただなあ。

 あまりにもふつうの美少女ラブコメで、しかもあまり出来が良くない。初期作品だからしかたないとはいえ、作画的にも物語的にもまだまだ稚拙な出来だといいきっていいと思います。

 これをかいていたひとがほんの数年後には「ネギま!」を生み出すのかと思うと、感動的ですらありますね。後半になってシンディが出てくるところまで行くとずいぶんおもしろくなってくるという噂もあるんですけど、ほんとでしょうか。一応、飛ばし飛ばし読んでみるけどね。

 「ラブひな」の第一巻ははっきりとこれよりおもしろいので、そのあいだに成長したということなのでしょう。すごいなあ。赤松さんの凄いところは、一作ごとに確実におもしろくなっていることですね。

 「A・Iが止まらない!」の欠点は「ラブひな」では修正されているし、「ラブひな」の問題点は「ネギま!」では解決されている、という気がする。一作打ち上げ花火のようなヒット作を飛ばして消えていってしまう作家も多い少年漫画の世界で、これはなかなかに稀有なことといっていいでしょう。

 これで「ネギま!」のつぎの作品でもヒットを出したら完璧ですね。いやまあ、「陸上防衛隊まおちゃん」はアレだったけれど(-_-;)。