セブンアンドワイ「ファイブスター物語」第12巻の表紙画像が掲載されています。

 この解像度でははっきりわかりませんが、これはクリスティン・ビィですね。幼い頃、同級生を殺害するという凶行によってすべての栄光を奪われ、皇帝ダイ・グ・フィルモア5世への愛のためだけにたたかう悲劇の騎士。

 ひょっとしたら表紙に人間が出るのは初めてなのでは? いままではファティマとモーターヘッドの組み合わせがメインだったからなあ。それにしても20年かけてわずか12冊、進行の遅い漫画です。「HUNTER×HUNTER」なんて目じゃねえ。

 ところで、永野護の原作・脚本・監督・デザイン・原画・撮影による新作オリジナルアニメーション(!)『GOTHICMADE −ゴティックメード 花の詩女−』が製作されるという情報もあるのですが、エイプリルフールネタでしょうか?

 はっはっは、そんなことやっていたらいつまで経っても〈マジェスティック・スタンド〉に戻れないじゃないか。え、ほんと? マジなのかよ。

 まあ、突然、オートマティックフラワーズスタジオというなぞのスタジオを作ったときからなにか企んでいるということはわかっていたのですが、新作アニメかあ。期待と不安が半ばというところですね。

 でも安定した人気の連載を中断して突然アニメ作り出すというのは永野護らしくていいと思います。失敗して借金背負ってもいいじゃん。才能あるんだから。挑戦こそクリエイターの人生ですしね。