ふと思ったこと。ぼくは「パートナーもの」の物語が好きだな、と。ここでいう「パートナーもの」とは個性の異なるキャラクター同士がコンビを組んでたたかったり冒険したりするお話のことです。

 と書くと「ダーティペア」あたりが思い浮かぶかもしれませんが、ああいう対等のコンビのお話はちょっとイメージが違います。片方が中心でもう片方がサポートにまわるような関係性じゃないとだめなのです。

 「ファイブスター物語」の騎士とファティマの関係なんて典型的ですね。「ダーティペア」みたいな話は「バディもの」というのかな。というか、「パートナーもの」は「バディもの」の一変形なのかもしれません。

 思いつくままにあげてみると、ほかに「Fate/stay night」、「風使い」、「魔法先生ネギま!」、「精霊使い」、「デーモン聖典」、「LOVELESS」あたりがあるでしょうか。

 それぞれいろいろと関係性が異なっていますが、いずれもなんらかのパートナー関係を描いた作品です。こういう恋愛でもなく友情でもないある目的のパートナー関係というのが好きなんですね。

 もちろん恋愛が芽生えても友情が花ひらいてもかまわないんだけれど、基本はほかの目的のためのパートナーでなくてはならない。

 なんだろ、こういうのは結局、パートナー願望というよりはサポーター願望なのかな。「かわいい女の子がいっしょにたたかってくれたらいいな」みたいな。でも好きなんですよね。うん。