「Kanon」公式HPオープン


 京アニ版「Kanon」の公式ホームページ。プロモーション映像が公開されています。これがまた良い出来で、特に背景は驚異的な美しさ。これが仮にもテレビアニメなんだから偉い世の中になったものです。

 おなじ京アニが製作した「AIR」がなにかの間違いのように素晴らしい出来だったので、「Kanon」に対してもいやがおうにも期待は高まるわけですが、この映像を見ただけでも傑作になるだろうと確信できます。いいぞ京アニ、もっとやれ。

 まあ、「原作付きアニメは女性のようなものである。美しければ忠実じゃないし、忠実であれば、きっと美しくない」とポーランドのことわざにもあるように()、小説やら漫画やらゲームやらの映像化はめったに成功しません。

 ちょっと考えてみればあたりまえのことです。それらの作品はそれぞれのメディアに最適化されて生み出されたものなのですから、そう簡単にべつのメディアに移植できるはずがない。

 しかしそれでも不可能に挑戦するものはあとを絶たず、屍は累々と積み上げられてきました。まさに「奇跡は起こらないから奇跡っていうんですよ」状態。しおりんはいいこといった!

 それにもかかわらず、京都アニメーションはその奇跡を起こしてしまいました。ぼくなんか「AIR」一作で完全に京アニ信者になり、「フルメタル・パニック!」までレンタルして追いかけるようになってしまうありさま。

 とにかくまあ、期待しているので、早く作品を見せてほしいものです。