今月号の「野性時代」に有川浩「海の底」の後日譚「有能な彼女」が掲載されています。

 さっそく読んでみたのですが、これがとんでもない超ベタ甘らぶらぶ小説。仮にもおとな向けの雑誌にこんなの載せていいのかという作品でした。

 「海の底」の結末は微妙に物足りなかったので、アフターストーリーを書いてくれるのはありがたいんだけれど、さすがにこの甘さはどうなのかと。

 ぼくはまだ「海の底」の番外編として読んでいるからいいけれど、なんの予備知識もなくこれだけを読んだひとは呆れるんじゃないかなあ。

 ほとんどストーリーらしいストーリーないですからね。ただひたすらいちゃいちゃ痴話喧嘩しているだけで、ほとんどセルフ二次創作に近い。まあ、いいけどね。このカップル好きだから。望たん、あかるくなったなあ。お兄さんは嬉しいよ。

 それにしても、有川さんというひとはけっこう外伝を書きたがるタイプのようです。

 「電撃hp」には「塩の街」の番外編が何本か発表されていますが、あれはまとめられる予定があるんでしょうか。読み逃がしてしまったから、電撃文庫で出してくれるとありがたいんだけど。「電撃hp」なんてチェックしてないよ!

 この「野性時代」で発表している短篇恋愛小説のシリーズもいずれ短編集で出してほしいけれど、むずかしいですかね。なかなか短編集を出しづらい時代のようですし。

 出たら読み直すんだけどな。「国防レンアイ」はいまひとつだったけれど、「ロールアウト」はなかなかの出来でした。