「To Heart2」を放り出したままこんなゲームをはじめてみた。

 FDD(フローティング・フレーム・ディレクター)システムで知られるLittlewitchの現時点での最新作。たぶん、作業量のわりに報われないからだろう、今回はFDDを捨ててふつうの育成ゲームに仕上げている。

 まだ始めたばかりなのでゲーム全体を俯瞰して語ることはできないけれど、システムまわりはこのままコンシューマーに移植されても違和感がないくらいよくできている。

 基本的にプレイヤーのやることはさいころを振ることだけなのに、なぜかこれがおもしろい。単純作業ほど嵌まるというのはひとつの真実だよなあ。

 まあ、さすがにそれだけならすぐ飽きてしまうだろうけれど、大槍葦人画伯描くキャラクターは今回もかわいく、うまくプレイ意欲をそそってくれる。

 ていうか、随所に挿入されるデフォルメキャラの絵はいままでにないかわいらしさ。ねむっていた萌えオタの血がたぎるたぎる。

 ただしふたりのメインヒロインはどうみてもローティーンなので、ロリータキャラクターが駄目なひとにはきついかも。まあ、そんなひとはこんなゲームを買ったりしないでしょうが。

 話がすすむとお姫様キャラとかねこ耳メイドさんとかも出てくるそうなのでたのしみたのしみ。ただ、まともにクリアめざすのは2週目からかな。うーん、もう「To Heart2」には戻れないかも。