バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 あさのあつこのベストセラー。児童書として発表されながら、児童書の枠を越えて愛されている作品である。

 結論から書くと、文句なしにおもしろかった。主人公は不遜な性格の天才少年、原田巧。投手としてのじぶんの才能に過剰なまでの自信を抱くかれは、そのためにほかの凡人たちを切り捨てることをためらわなかった。

 巧は郷里に帰ったことをきっかけに、同い年の捕手永倉豪と運命的な出逢いを遂げる。そしてその出逢いはすこしずつかれを動かしていく――。

 なにが良いといって、巧の性格設定がいい。小学生のくせに自信のかたまりのような性格のこの少年は、一歩まちがえればただのいやな奴でしかないだろう。しかし、あさのあつこはその一歩をまちがえない。

 読みすすめていくにつれ、じぶんの才能を信じ、野球にすべてを賭けているこの少年にとって、周囲の人間のぬるい生きかたが我慢ならないのも当然だと思える。

 しかし、同時にじぶんを天才だと知っている天才ほど面憎いものもない。巧の強烈すぎる個性は、周囲とのあつれきを生み、衝突をさそう。そして、それがまたドラマを生んでいく。いや、小説って本当におもしろいものですね。

 ただし、野球を題材にしてはいるものの、野球そのものがテーマになっているわけではないので、そういう期待をもって読むと失望するかも。メインテーマはあくまで少年たちの熱い生きかただ。個人的には青波きゅんが萌え萌えでしたまる