ああ、ようやく終わった、「物語論」。

 ほかにも書きたいことはあるし、ほとんど結論は出ていないような気もしますが、あまり長引かせるとそのあいだに忘れてしまう可能性があるし、宿題を抱えているようで気分が良くない。ここらへんでひとまず幕をひかせていただきます。

 こういう、ほんらい趣味でやっているはずの行為が義務の彩りを帯びてくる展開は、サイトを運営しているうえで荒らしの次くらいに厭なものでしょう。

 約束したんだから書かなくちゃ、とか、アクセスが減るから更新しなくちゃ、とか、じぶんで条件を設定してしまって、それに雁字搦めにされてしまうんですね。

 まあ、じぶんで書くといったことは書くべきだと思いますが、もともと一円の金銭をもらっているわけでもないわけで、書きたくなければ何ヶ月休もうが勝手であるはずです。それなのに、更新しつづけなければならないように思い込んでしまう。

 書評系サイトの場合は、これに「本を読んだんだから、感想を書かなくちゃ」という縛りが加わります。こうなってくると最悪で、いくら更新してもちっとも楽しくないということになりかねません。

 ぼくの場合も、こういう雑談ばかり書いていると、サボっているような気がしてなりません。本当は、書きたいときに、書きたいことを、書きたいように書けば、それでいいはずなのですが。

 今後も、義務感がただよわない程度に、気楽に更新していきたいと思います。