その7


 その時点では、キャラクターはまだたんなる記号に過ぎなかったといえる。既存のキャラクター要素を組み合わせて作られた可憐な、しかしいかにも表面的な美少女たち。

 こういった計算づくの方法論にあざとさを感じ取った読者も多かっただろう。ましてや、掲載紙「週刊少年マガジン」は、ごく狭いファンをターゲットにする「萌え漫画雑誌」ではなく、日本を代表する大手少年漫画誌である。

 「ネギま!」の過激なキャラクター戦略は、一般読者を遠ざけるというマイナスの要素も孕んでいたはずだ。「ネギま!」のセールスが初動の段階で前作「ラブひな」に及ばないとすれば、そんなところにもひとつの原因があるのかもしれない。

 しかし、この作品はそれでは終わらなかった。骨太の物語のなかで、キャラクターの内面描写と、バックボーン描写が始まるのである。

 キャラクターを記号から記号以上のものにするものがあるとすれば、それは内面とバックボーンである。「ネギま!」は記号的な水準でのキャラクターの魅力を保ったうえで、そのキャラクターを複雑な存在に育て上げていく。

 以前、「いったん固有の物語という重力圏を脱出する速度に到達しさえすれば、キャラクターはそこで単独の生命をもつ」と書いた。しかし、そういったキャラクターは、多くの場合、ハイスピードで消費されてしまって終わることになる。

 引用したエントリーで予想されているのも、そういう事態だろう。連載開始当初、「ネギま!」がそういう展開に終わることを予想した読者は少なくなかったはずだ。

 しかし、「物語」の力は、「記号」に過ぎなかったキャラクターたちにいのちを与えていく。はじめはキャラクターデザインと設定だけの存在だった二次元の美少女たちは、たんなる「駒」であることを越えはじめる。

 「ネギま!」は、漫画はどこまでのものを描くことができるのかというひとつの希望をみせてくれる。はじめは記号に過ぎないキャラクターでも、やがてその次元を越えていくことができるのだのだと。

 たしかに、ある意味では、物語はもはや必要とされていないのかもしれない。キャラクターはいまやスタンドアローンで消費されている。たとえ物語レベルで破綻していても、キャラクターさえ魅力的であれば、一定のセールスをあげることはできるだろう。

 しかし、キャラクターは物語を、物語はキャラクターを、より彩りゆたかにみせてくれる。

 読者を熱く感動させることをめざすのならば、あるいは長い期間にわたって愛されつづけるキャラクターを生み出すことをめざすのならば、物語は強力な武器になるはずだ。そしてそこに、物語の生きのこる道もあるのではないだろうか。

 その希望をひとつの結論として、この「物語論」を、とりあえず終えることにしたい。長文を読んでいただき、ありがとうございました。