というわけで、ショートショートを一篇書いてみたショートショートというよりただの短篇か。気になる方は読んでみてください。

 小説のかたちになっているものを書くのは何年ぶりかだけれど、やっぱりたのしいことはたのしい。問題はじぶんの作品にちっとも満足できないことである。ああ無情。でも、一篇書いてみたら思ったよりたのしかったので、これからも書きつづけてみようと思う。