いままでにも何度も書いたことだが、この日記もいいかげんマンネリである。まあ、おなじコンセプトで五年もサイトを運営していたら、マンネリ化するのも当然だけれど、それにしてもちょっと飽きていた。読むほうだって飽きるでしょ?

 しかし、このマンネリを打破しようとするこころみは、いままでことごとく失敗し、そのときは良い考えに思えたアイディアは、どれも過去ログの墓場に打ち捨てられる結果となったのである。

 そこで、たまには小説でも書いてみようと思う。某石野さんがむかし書いていたようなショートショートがいい。これだけ読者がいれば、何人かは読んでくれるひともいるだろう。いなかったとしてもかまうものか。そうだ、そうしよう。

 ぼくが小説を書かない理由は単純で、書けないからである。正確には、じぶんでおもしろいと思うレベルの小説を書けない。へたくそなのである。しかもなまじ目が肥えているから、要求水準が高い。

 こういう状態を、専門用語で眼高手低という。いいかえるなら、口先だけ達者ということである。でも、たまにはいいだろう。もう書きかけているし。というわけで、数日中にこの日記で公開すると思う。乞うご期待――いや、乞わないご期待である。