今週号の「週刊少年マガジン」で石田衣良の「池袋ウエストゲートパーク 電子の星」が漫画化。マコトはほとんど面影がないが(なぜかただの喧嘩が強いひとになっている)、プロットは一応原作に準拠している模様。

 それなりの仕上がりだけれど、石田衣良の小説は細部に命があるので、ストーリーだけ追いかけてもしかたがない気も。ああ、しかし、それにしても「ネギま!」はおもしろい(いや、ほんとに)。