To Heart 2 XRATED 初回版

To Heart 2 XRATED 初回版

 小牧郁乃小牧愛佳シナリオクリア。

 愛佳シナリオはこのゲームでいちばん人気のあるシナリオであるわけですが――いやあ、これはどうなんだろ。おもしろくないこともないですが、やっぱりいろいろ無理があるんじゃないかな。とりあえずこのシナリオのエロシーン挿入のタイミングは最低ですね(笑)。

 もうこのゲームの感想を書くのも4回目であることだし、今回はネタバレを含めて解説してみようと思います。というわけで、これからプレイする予定のあるひとはこの下は読まないこと。

 さて、前述したようにとても人気の高いいいんちょこと愛佳さんですが、たしかにわりとかわいかった。早口言葉に失敗するところとか、あざといけれどかわいい。お前はちよちゃん*1かと。

 というわけで、キャラクターとしては悪くないと思うのですが、シナリオ全体としては微妙。なによりクライマックスの展開が速すぎる。具体的にいうと、愛佳の妹である郁乃が登場してからの展開が急です。

 せっかく良いキャラクターなので、もう少しまえに登場させてお話と絡めたほうが良かったと思います。郁乃が出てくるのは実質わずか数日間ですから。おかげで、郁乃が登場してからの展開にはいくらか無理が見受けられます。

 まず郁乃が桜をみたがること自体が苦しい。いくら気丈な少女とはいえ、失敗したら失明するかもしれない手術の日ですよ? そんな日の日付を忘れるなんてありえるでしょうか。

 まあ、それはたまたま口にのぼらせてしまったとしても、そのあとの制服のタイを切り刻んで桜のかわりにするという展開は、やっぱり苦しいと思う。

 これで感動したというひとも大勢いるので、僕がひねくれているだけかもしれませんが、ちょっと無理がある気がします。いくら愛佳が人望があるとしても、なかなかタイを切って桜をつくってくれるひとは見つからないでしょう。

 また、そんなひとがいたとしたら、せっかくのタイを学校でばらまくのはおかしい。そもそもその手の代用品でいいのならタイを切らなくても方法はあるわけだしね。

 いいんちょファンに怒られるかもしれないけど、愛佳って、ちょっと思い込みが激しすぎるような気がします。

 たとえば、これがあしたには失明してしまう妹が最後に桜をみたいといった、ということなら、それは命懸けでもさがしてあげなければならないかもしれません。しかし、手術さえ成功すれば、桜なんていくらでもみれるようになるわけですよね。

 しかも郁乃はどう考えても本気で桜がみたかったわけじゃない。ここで必死になって咲いていない桜をさがさなければならない必然性は薄いと思う。逆にいえば、シナリオライターは必要なシチュエーションを作れていない。

 これはやはりこの姉妹の関係性の描写が薄かったせいではないかと思います。かえすがえすもこの点は惜しい。ほかのシナリオでもそうですが、着想そのものは悪くないものの、構成に難があると感じました。

 次はタマ姉

*1:あずまきよひこの傑作4コマ漫画「あずまんが大王」に登場する天才小学生。早口言葉が苦手。