「火目の巫女」を買うとき、となりに売っていた橋本紡の「半分の月がのぼる空(6)」をぱらぱら立ち読みしたのだが、恐ろしく巧い。ライトノベル作家にあるまじき巧さである。

 その近くに置いてあった桜庭一樹荒野の恋(2)」も冒頭だけ立ち読みした。これも端正な、抑制の効いた美しい文体である。ライトノベルもなかなかばかにしたものではない。