新刊の前に読んでおくべきある本もたくさんある。池上永一シャングリ・ラ」は読みはじめて一ヶ月近くになるので、いいかげん読みあげたい。某石野氏はこれを1日で読んだそうである。ぼくの30倍くらいの速度で読んでいるに違いない。

 ほかにもTKO師兄ご推薦の森見登美彦とか、山本弘の短編集「まだ見ぬ冬の悲しみも」とか、レムの「ソラリス」とか、積読はいろいろある。そういった本を放り出していま読んでいるのは、福田永一「玉響荘のユーウツ」だったりする。わりとおもしろい。