超妹大戦シスマゲドン (1) (ファミ通文庫)

超妹大戦シスマゲドン (1) (ファミ通文庫)

 ――いや、おもしろいですよ? ほんとだよ? ぼくのまわりではあまり良い評判をきかないようですが、古橋秀之の作品のなかではまずまずの出来かと。

 はじめて話をきいたときは、「この人もうちょっと売れるといいね」の評判をほしいままにする現状に飽き足らなくなった古橋が、なにを思ったか「萌え」の激戦場に参戦してきたが、そこはやっぱり古橋なので奇天烈なものができあがってしまった、という物語が浮かびましたが、たぶんそんなことはなく、きっちり計算通り。

 じっさいベクトルが違っているだけで、やっていることはいつもの古橋とそう変わりはない気もする。

 ほら、「ブラッドジャケット」のアメコミネタが往年のジャンプ漫画ネタになっているだけだといえなくもないと思わない? うん、思わないか。ぼくも本当は思わないごめん自分にうそついてた。

 読んでいて考えたんだけれど、この作品、清涼院流水のJCDものに近いものがある気がする。つまり本書における「妹」を「探偵」にすればJDCものができあがるんじゃないかと。

 終盤のJDCものはキャラクターの粗製濫造が目立ちましたが、「シスマゲドン」がおなじ罠におちないことを祈ります。

 落差による笑いを生み出すには、多少なりとも「妹らしさ」がなければならないわけで、「ただ末尾に妹つけているだけじゃん」となってしまっては白ける。終盤の展開はけっこう強引なんですけど、いったいこのお話、どこへ行こうとしているんでしょうかね。