「GUNSLINGER GIRL」論


 以下の文章は、以前(3年くらい前かな?)「Gunslringer girl」について書いた文章をリライトしたものです。無駄を刈り込んでいった結果、なんと半分以下の分量になっています(ちょっと文章がうまく繋がっていないかも)。

 当時は誤解されたくないという意識がありましたから、ついつい文章が過剰になっていました。いつか書き直したいという思いはあったので、この機会に挑戦することにしました。

 刈り込んでいった結果、インパクトが薄れている部分はあるでしょうが、内容的にはほとんど変わっていません。したがって、以前の文章を知っている方は読む必要がありません。

 また、当時はまだ単行本も2冊しか出ていませんでしたが、この作品に対する基本的な考えはその頃から大きくは変わっていません(技術的水準はかなり向上した気がしますが)。

 いったいこの物語はどこへ着地するのでしょうか。それは「萌え」とよばれる文化そのものの行末をも占なうものなのではないかと思います。