海の底

海の底

 第7位。

 「砂糖菓子の弾丸を撃ちぬけない」とどちらにしようか迷ったけれど、ラブ度の高さからこちらを選ぶことにしました。有川浩畢生の怪獣サスペンス小説です。

 前作「空の中」も良い小説だったけれど、まだアイディアや人物が掘り下げられきっていない印象がありました。それに比べてこちらはぐっと小説的完成度が高くなっています。

 深刻な話に気恥ずかしいラブコメディが混ざるのはいかにも有川浩らしい。このひとはとことんこういうのが好きなんだなあ。ずっとこの路線を突き進んでほしいものです。ええ。

 いろいろ欠点がなくはないんだけれど、今年の最も愛しい小説のひとつ。