School Rumble(11) (講談社コミックス)

School Rumble(11) (講談社コミックス)

 読了。

 「いつものスクラン」。そのひとことですべての内容を説明できるような気がするなあ。

 いろいろと工夫しているのはわかるんですけれど、いつものフォーマットを崩せないから最終的にどこに落とすのか予想できてしまう。

 「どうせまたはぐらかして終わるんでしょ?」という冷めた気持ちになってしまうんですね。

 今回はバスケ篇の続きから始まるんだけれど、このお話も長く続けたわりにはあまり盛り上がらずフェードアウト。

 いや、途中まではおもしろく読めるんだよね。ただ、結末があまりにもワンパターン。

 この漫画、キャラクターの人間関係はほぼ固定化していて、複雑化はするものの、根本的なところでは最初からなにも変わっていないといえる。

 でもそろそろそれじゃもたない時期に来ているのかも。

 いいかげん恋愛話を進めましょうよ。たいていの読者が期待しているものはラブコメだと思うんだけどなあ。

 なんだか文句ばかりになってしまいましたが、期待してはいるんですよ。ただ、はぐらかされるのにもちょっと疲れてきたんです。