「容疑者Xの献身」を淡々と読み進めている。二階堂黎人さんの発言については、掲示板我孫子武丸さんのコメントが的確な指摘になっている気がする。

 前述のとおり僕にはまだ主張の成否を判定できないが、もう少し書き方を変えたら反感も買わないだろうに、と余計なお世話ながら感じる。趣旨はわからないこともないのだが、いかにも不器用な書きようだ。

 余談。二階堂さんの日記の過去ログを読んでいたら、綾辻行人十角館の殺人」の犯行動機を間接的にばらしているところがあって、ちょっとまずいのではないかと感じた。

 まあ、二階堂黎人の日記を読むひとなら「十角館」くらいは読み終えていそうな気もするし、僕もときどきやるからあまり偉そうにいえた義理ではないのだが、動機はあの作品の肝だからね。