まほらば~Heartful days 2 [DVD]

まほらば~Heartful days 2 [DVD]

 アニメダイエット続けています。といってもほとんどアニメ見ていないけれど。いちいちDVDを借りたり返したりするのも大変だし、なにか良い手はないものですかね。新潟でも放映している作品を録画しておけばいいのか。でも「プリキュア」とか見てもなあ。

 えー、それはともかく(ごほん!)、今日のアニメはみんな大好き「まほらば」。まったくもってふつうの作品で、特に語ることはありません。

 癖のあるなかなか上手に映像化しているとは思うけど、これといって特色がないんだよな。まあ、踏み段昇降しながらだらだら見るには最適の作品といえなくもないかも。

 それより原作のほうが最近、おもしろくなってきています。今月の展開にはちょっと驚かされました。

 いままでの伏線を考えれば当然といえば当然の展開なんだけれど、こうあざやかに「変化」を選び取るとは。「ヒカルの碁」でヒカルが部活動よりもプロの道を選んだときみたいな感動がある。

 そもそもこの漫画は 基本的なところで人間に対する態度が非常に誠実です。ただだらだらと時間を過ごして状況が変化するのを待ち望むのではなく、主体的に選択することで事態を変えていく潔さがある。

 たしかに微温な「仲良し空間」の快楽性をたのしむ作品ではあるんだけれど、そのなかにはきちんと時間の流れがあって、状況は変化していく。そして、それこそが大きな魅力になっている。というわけで、アニメ見るよりも原作を読みましょう(えー)。