読了。

 「Y十M」。奇妙なタイトルの作品ですが、「バジリスク」に続くせがわまさき忍法帖漫画化第2弾です。原作は山田風太郎の最高傑作のひとつ「柳生忍法帖」。ひとり山田風太郎の偉業という次元を越えて、戦後娯楽小説の最高峰というべききわめつきの名作です。

 なみの作家なら原作に喰われてしまいそうなものですが、さすがはせがわまさき、映像的想像力を最大限に発揮して、まったくあたらしい「柳生忍法帖」を生み出しています。

 物語はその時代の会津藩主にそむいた堀一族の男たちが、「会津七本槍」をなのる男たちに虐殺される場面から始まり、ただ七人だけ生きのこった堀の女たちの復讐劇をえがいていきます。

 とはいえ、さまざまな体術を習得した会津七本槍と、七人のかれんな女たち、数だけみれば七対七とはいえ、彼我の戦力差はあきらかです。

 そこで颯爽と登場するのが柳生十兵衛。かつては将軍家の剣術指南まで務めながら、みずからその役目を投げ捨てたこの男が、この物語の真の主人公。

 かれは七人の女たちを指導して七本槍に立ちむかいますが、十兵衛本人が七本槍を手にかけることは禁止されているため、あくまでサポート役に徹さざるをえません。はたして十兵衛はいかなる策略をもちいて七本槍を打ち破ってくのか、それがこのお話の本筋です。

 後半に入ると物語はしだいに意外な展開へと迷いこんでいくのですが、しかしまあ、この巻の段階ではまだまだ序盤もいいところ、それぞれ奇怪な技を使いこなす七本槍に対して女たちがどうやって対抗するのか、さっぱり見えてきません。

 しかも七本槍の裏には、さらに恐るべき悪の巨魁が待ち受けているのです。はてさて、柳生十兵衛の剣術の冴えやいかに――?

 これから十兵衛は何度となく絶体絶命の危機にたたき落とされ、そのたびに脱出するのですが、その方法にきちんと合理的説明がついていることには感心させられます。「DEATH NOTE」ばりのかけひきに注目して読むと楽しいでしょう。

 この時点ではまだヒロインたちの顔と名前がなかなか一致しませんが、まあ、これは原作でもそうなんですよね。というか、原作ではさいごまで女たちの名前を憶えられなかった。

 これは物語が先へ進めばわかってくることですが、けっきょくのところ、この物語の主人公は柳生十兵衛なのであって、ヒロインズはあくまで脇役なのです。

 原作では書き分ける努力すらされていなかった気がしますが、漫画ではとりあえず区別がつくような描き方をされているので、漫画版では彼女たちひとりひとりの個性に焦点があたるときも来るのではないかと期待しています。「バジリスク」も原作よりキャラクター性が強い描写になっていたしね。

 原作は山風忍法帖のなかでも最大級の大作で、「甲賀忍法帖」の倍以上の分量があります。そこから考えると「Y十M」は全十数巻の大作になりそう。ほんとうにおもしろいのは後半なので、せがわさんには早く続きを描いてもらいたいものです。ああ、「あの台詞」を漫画で読みたい。