まほらば 10 (ガンガンWINGコミックス)

まほらば 10 (ガンガンWINGコミックス)

 読了。

 おもしろいなあ、この漫画。「ネギま!」みたいにとんがった部分はないし、特に抜きん出て優れた作品だとも思わないんだけれど、全体的に、なんとなくいい。む、これだと貶しているみたいだな。

 いや、ほんとにおもしろいんですよ? ただ、具体的にどこがどうと解説しにくいんですね。以前にも、書いた気がするけれど、「まほらば」の魅力は、第一に、その性善説的ともいうべき世界観にあると思う。

 とにかく出てくるキャラがひとりひとり好い奴なんですよ。いや、一応、悪い奴も出てくるんだけれど、それもたいした悪さじゃない。そして、人間に対する態度が基本的に誠実。

 けっこう失恋のエピソードなんかも頻出するんだけれど、それがふしぎといやな印象をのこさない。たぶんへんなところでふざけないからだと思うんですけど。シリアスとコメディの線引きができていて、ジョークにしてはいけない部分はしっかりと押さえている。それが、いい。

 ひとと向き合うことから逃げない力強さがある、とまで書いてしまうと、褒めすぎになるかな。でも、きっとそういうことなのだろうと思うのです。コメディ部分はベタなんですけどね。

 ただ、この作家の絵柄はあまりにもキャラのかき分けができていないと思う。たぶん髪型を外してしまったらだれがだれだかわからなくなる気が。いや、いいんですけどね。ぼくは好きなんですけどね。好きなんだけど――うーん。まあ、これも個性だよな。うん。