魔法先生ネギま!(12) (講談社コミックス)

魔法先生ネギま!(12) (講談社コミックス)

 読了。

 格闘大会編もいよいよ佳境の第12巻。しょうじきいってこの展開にもそろそろ飽きてきたころですが、たぶんこのシリーズは第13巻で完結だろうからまあいいか。

 少年漫画の方法論も「トーナメントが起きるともうその漫画は終わり」だったころからずいぶんと進化してきています。さりげなく今後の展開への伏線がはられていて、読み逃がすとこのあとの話がわからなくなってしまいそう。

 いいかげん人間関係が錯綜してきているんだけれど、それを混乱しないように整理しながらストーリーをすすめていく手際のよさはあいかわらず際立ったものがある。グッジョブ。

 今回はエヴァさまの過去があかされるわけですが、ここはもうちょっと紙幅を裂いて細かくえがいてほしかったかも(ネギくんの過去話みたいに)。しかしこれだけのことでもエヴァンジェリンというキャラクターの印象はちょっと異なったものになるはず。

 この手のサブエピソードは、キャラクターの人格描写に奥行きを出す効果があります。「テヅカ・イズ・デッド」ふうにいえば、「キャラ」に「キャラクター」の厚みをもたらすってことですか。

 ただ、この漫画はそこでキャラクターを極限まで突き詰めていくことをしない。だからこそキャラクターの印象が常識的な「萌えキャラ」のレベルにとどまることになるわけで、まあ、まっとうなバランス感覚といえるでしょう。まあ、そこが物足りないといえばそうなんだけど。

 というわけで、この巻もおもしろかったですまる