まほらば~Heartful days 1 [DVD]

まほらば~Heartful days 1 [DVD]

 萌え漫画版「めぞん一刻」こと「まほらば」のアニメ化作品。いやあ、なかなかよくできている。放送コードの関係か、原作におけるヒロインの「多重人格」を「変身」に置き換えていますが、どちらにしても無理な設定には違いないのでそれほど気にはなりません(おい)。

 まったくもってどうってことのない話ではあるのですが、じつに和みますね。僕がアニメを観る動機の第一位は「萌え」ではなく「和み」と「癒し」なので、この手の作品は大変目的に適っているといえます。いいよな、悪人がいない世界って。

 「アニメオタク」とかいっても、作画オタクとかコアなキャラクターファンはむしろ少数派で、大半のひとは僕のように和み目的でだらだら〜っと観ているのではないかと思うのですが、どんなものでしょう。

 誤解されるとまずいので付記しておくと、少なくとも原作はただ和んでいるだけの漫画ではなく、それなりに感動的な人間ドラマが展開されています。

 んー、うまく説明できないんだけど、登場人物の一人ひとりがきちんと愛情をもって描かれている感触があるんですよね。

 いろいろなタイプの人間が出てきて、そのなかにはけっこう世間的にはダメな奴なんかも含まれているんだけれど、だれもその人を否定しない。そこに、大袈裟にいえば「人間愛」みたいなものを感じます。

 ふつうこの手の話でもてはやされる「恋愛」よりももっと深く、広い、根源的な「愛」。それを感じるから僕はこの話が好きなんだと思います。ほんと、いい奴らなんですよ、みんな。