よし、今日は書評はやめて駄文の日にしよう。