C-blossom (1) (講談社コミックスフレンド B)

C-blossom (1) (講談社コミックスフレンド B)

 読了。

 父親の起こした汚職事件によりすべてを喪った少女、松宮香奈。生きる希望を失った彼女に、その汚職事件に関係した勢力の魔手が襲い掛かる。だれも信じられない絶望的状況のなか、彼女が頼れるのは、ボディーガードを務める青年、如月行のみ。

 というわけで、ベストセラー「亡国のイージス」からのスピンオフ作品である。スピンオフといえば「くじびきアンバランス」とか「あかねマニアックス」とか「戦闘妖精少女 たすけて!メイヴちゃん」とか、いろいろと語りがたい思い出があるわけだが、これは悪くないと思う(例が片寄っているかも)。

 なるほど、軍事小説から少女漫画へのスピンオフとは一見とっぴではあるしかし氷の美貌と絵画の天才を併せ持ち、暗い過去を背負った主人公は、おもいきり少女漫画向けのキャラクター。この画風で描かれても全然違和感がない。

 まあたしかに戦闘場面などはちょっと迫力に欠ける面があるが、これはまあしかたないかと。

 ストーリーの基本的なところは「フルメタル・パニック!」と同じようなもの。きっと福井晴敏がパクったのに違いない(こういうこと書くと怒られるかな)。

 しかしそこは天下の福井晴敏。流麗なストーリーテリングで読ませる。読みさしのまま投げ出していた「亡国のイージス」をもう一度読もうかと思ったくらい。いや、その、おもしろかったんだよ? でも、ほら、僕、活字だけの本とか苦手なもので……。