よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

よつばと! (4) (電撃コミックス (C102-4))

 読了。

 こどもたちは、別世界の住人である。どこか遠い場所からやってきて、長い時間をかけてこの世界のやりかたになじんで行く。しかし、それまではかれらはあくまでも別世界の住人であり、ぼくたちが想像もしないようなことをやらかす。

 このまんがの主人公、小岩井よつばもそんなこどものひとり。「よつばと!」は彼女の目を通して世界そのものを見つめなおした作品である。「よつばと!」の世界には超自然的な要素はなにもない。しかし、そのさまは驚くほど魔法的だ。

 ぼくの目には「ありふれた」と映るであろうあたりまえの光景が、よつばの目を通すとうそのようにきらきらとかがやいて見えるのだ。どうしてハンバーグを作るだけでこんなに楽しそうなんだ!

 もちろん、こどもたちが自由気ままに遊びまわれるのもおとながさりげなく保護しているからである。よつばのまわりの大人たちはみなよつばの行動を尊重する。彼女が突拍子もないことをいいだしたときも、決して笑殺することはない。

 この巻のさいごのページのとーちゃんの反応なんて、素晴らしすぎて涙が出るよ。かっこいいなあ、とーちゃん。よつばと周囲の人間の関係性と呼吸が、「よつばと!」を名作にしているのだと思う。

 よつばの祝福を受けて、世界はあらたに生まれ変わる。おとなたちもすこしだけ変わっていく。しかし、夏休みはもう長くない。この物語がフィナーレを迎えるその瞬間が、いまから待ち遠しい。少し寂しくもあるけれど。