R.O.D 4―Read or dream (ヤングジャンプコミックス)

R.O.D 4―Read or dream (ヤングジャンプコミックス)

 読了。

 シリーズ完結編。同名のアニメーションとはキャラクターだけが共通していて、内容は全く別物。こちらではアニタの同級生の久ちゃんが中学生作家だったりする。

 そのネタは菫川ねねねのときやったじゃん、というのはいいっこなし。久ちゃんは天才作家のねねねとは全然ちがうタイプの努力家作家なのだ。

 アニタをはじめとする「紙使い」の三姉妹は彼女を護衛するために雇われるのだが、どう考えても全然役にたっていない。あのー、今回全然紙を使っていないんですけど。

 かわりに挿入されるのはアニタ×久ちゃんのどきどき萌え萌え話。なにきみたち女の子同士でラブコメやっているんですか。

 この巻はほとんど久ちゃんにとどいたラブレターの送り主をさがすだけの話で、ひじょうにスケールが小さい。どたばたコメディは楽しくなくもないけれど、クライマックスくらいもう少しもりあげてほしかった気はする。

 ラストもいまひとつ決まっていないしなあ。アニメとのタイアップ企画なのである程度はしょうがないのかもしれないけれど、消化不良の感が残る一作でした。いやまあ、アニタはかわいくえがけているんだけど。