読了。

 原秀則はうまいねえ。原作はいわずとしれた2ちゃんねる発のベストセラー「電車男」ですが、作者はそれを巧みに料理して、ひとつの漫画作品として充分におもしろいものに仕上げています。エルメスかわいいよエルメス

 まあ、一本の漫画作品としてみると、あまりにとんとん拍子に進みすぎている感は否めないのですが、これは原作が原作である以上、ある意味しかたないことなんじゃないかと。これを読んで2ちゃんねる性善説的イメージを抱くひとがいたらちょっと厭ですけど(笑)。

 この作品の原作のように、どこまで現実でどこからが虚構なのかはっきりわからない物語形態を、仮に「ハーフ・フィクション」とでも呼ぶとすれば、それを漫画化する仕事は、ハーフ・フィクションを完全なるフィクションへと変換する作業ということになります。

 で、両者を比べてみると、僕は原作のような半現実半虚構の形態よりは、やっぱり完全なるフィクションのほうが好きみたいですね。たとえありえなくても、おとぎばなしでも、自分には関係ないことでも、いや、だからこそ、そういう「嘘」が好きなのです。でも、これは個人の嗜好の問題でしょう。

 とにかく「電車男」を知っているひとにも知らないひとにも安心してお勧めできる良質の恋愛漫画です。はてなダイアリー界隈を巡って感想を読んでみたかぎりでは非常に評判がいいようで、「ジャストミート」から読んでいる人間としては嬉しいかぎり。できればここからほかの原作品に進んでほしいな。「いつでも夢を」とかね、凄いよ。