カルバニア物語 9 (キャラコミックス)

カルバニア物語 9 (キャラコミックス)

 読了。

「そもそもあなたはどうして私を…!? 私みたいな女なんていくらでもいるでしょうに 一体どうしてわざわざこんなめんどくさい立場の私を…!?」
「あ…!? あなたみたいな女性があなたの他にもどこかにいるんですか? そんなこと信じられない… はじめてお会いしたときからずっとあなたみたいな女性…見たことない 見たことない…と私にはおどろきの連続でした」

 若き女王タニアが治める平和な国カルバニアを舞台にしたコミカルファンタジー「カルバニア物語」、いよいよ大台も間近の第9巻。

 TONOさんはほかにもいろいろファンタジーとか現代が舞台でもファンタジーにしか見えない小説とか描いているわけですが、この漫画は異世界が舞台ではあっても魔法だの魔物はほとんど出てこないライトなお話。

 父王の崩御によって否応なく女王として国を治めることになったタニアと、表の顔は美貌の公爵令嬢、真の顔は並はずれた腕力を盾に好き勝手に生きる暴力娘エキューのふたりが主人公なのですが、この手のお話の常として巻を重ねるごとにどんどん人物が増えていき、いまでは相当数の男女がわらわらしています。

 作者は女の子しか描きたくないそうですが、さすがにそれではお話が成立しないので、男性陣も数多く登場します(しかしそんなひとがどうして実質的にはBL雑誌の「Chara」で連載しているんだろ)。なかでもエキューのパパ(タンタロット公爵)がラブリー。このお話のなかではいい男ナンバー1でしょう。間違いない。

 序盤のあたりであは口うるさいオヤジたちに囲まれた少女たちが、わけのわからない差別やら偏見に苦しみながらも少しずつ成長していくという異世界ファンタジー版オフィスストーリーみたいな赴きもあったのですが、最近ではすっかりそんな雰囲気も薄れて、時折シリアスも交えたすちゃらか話がめっさ楽しいです。

 今回は四本のお話が収録されているのですが、なんといっても注目すべきはタニアの恋バナでしょう。幼くして父を亡くし、母と離ればなれになるという過酷な運命を経て、すっかりリアリストになってしまったタニア。彼女は自分に隣国の王子コンラッドの告白を、非現実的な話としてすげなくあしらってしまうのですが……。

 若くて美形で頭も性格も良くて既に政治家として高名な男を、「べつの国の王子と女王が結婚できるはずがない」という理由であっさりふってしまうタニアと、彼女にどこまでも一途で不器用な想いをささげるコンラッド、はたしてこのふたりの恋はハッピーエンドに終わるのでしょうか? 「次巻に続く」な展開がもどかしい。

 全編スリルとサスペンスの連続、息をもつかせぬ構成で綺麗に完結する作品もそりゃ必要ですが、こういうすこしずつ変わりながらいつまでも続いていくような、続いていってほしいと思うような物語もいいものだよなあ。

 僕たちとは違う時間のなかで、エキューもタニアも生きている。たぶん、そういう奇妙な錯覚こそが、絵に描かれたキャラクターを「実在」にしていく魔法なのです。