柴犬 森田まさのり短編集 (ヤングジャンプコミックス)

柴犬 森田まさのり短編集 (ヤングジャンプコミックス)

 読了。

 「ろくでなしブルース」、「ROOKIES」の森田まさのり2冊目の短編集。「長編よりも短編が好き」と公言する作家だけあって、実にたくみな作品ぞろい。巻頭のオールカラーショートショートに始まって、コメディからボクシング漫画に至るまで、実にさまざまな作品が掲載されているが、白眉はもちろん表題作「柴犬」。

 若手人気お笑いコンビ「柴犬」を主人公とした、おそらく類をみない精度のお笑い漫画である。「週刊少年ジャンプ」掲載の「スベルヲイトワズ」もよかったが、こちらも秀作。題材はお笑いでも、雰囲気はひたすらシリアス。一心同体だった柴犬に亀裂が生じ、夢が砕けていくさまを真摯に描く。森田は今日も夢を追う男たちだけを追いかけている。