DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)

 読了。

 「週間少年ジャンプ」連載のサスペンス・ホラー、第4巻。

 名前を書き込むだけでその人物を殺すことができる「デスノート」を巡る物語は、2冊目のデスノートの登場を期にさらに加速し、殺人鬼キラと名探偵L、鋭い頭脳と緻密な行動力をあわせもつ二人の若者の勝負の行方はさらに混沌としてくる。

 この漫画、はじめはふたりの宿敵どうしが直接に触れあうことなく互いの命をねらう物語になるのかと思われた。しかし、第3巻の月とLの邂逅によってその図式は崩れ、そして今巻の「第二のキラ」登場によりさらに想像だにしない方向性へと進展する。

 ただ意表を衝く展開といえば平凡だが、あたかもひとつの漫画のなかからまったくべつの漫画が顔をみせるように、作品そのものの個性と方向性が過激に変容していくのだ。単行本に先行して進む連載は、この第4巻とすらかけ離れた内容になっている。

 いまの時点でははたして緊迫した傑作のまま幕を閉じるか、それとも竜頭蛇尾の凡作と終わるのか、それすら判然としない。

 しかし、それはある意味であたりまえのことではないだろうか。なぜなら現実とはつねにそうしたまったく先の予想がつかず、一時も安心できないものなのだから。さいごまで「安心して」読めることのほうがおかしいのだ。

 不特定多数を対象にしたエンターテインメントには、いくつかの破りがたい不文律がある。主人公は好感がもてる人格でなければならない、苦難を乗りこえるたびに成長していかねばならない、努力は報われなければならない、どんなに苦しんでもさいごには勝利しなければならない。

 ほかにもいくらでもあるが、そういった不文律は安定したおもしろさを保証するとともに、一種の退屈をも生む。予定調和の倦怠感。

 それに対して「DEATH NOTE」が垣間見せるのは、ルールをあざ笑い、タブーを侵犯してゆくサスペンスだ。破滅と紙一重のタイトロープ・ダンス。目が離せないまま物語はさらにつづく。