きょうのできごと (河出文庫)

きょうのできごと (河出文庫)

 読了。

 5人の人物のありふれた日常のひとコマをナチュラルな筆致でえがいたなごみ系小説。

 どうして読もうとおもったのか思い出せないけれど、たしか西鶴さんあたりが褒めていたんじゃないかな。で、これはたしかになかなか良い。こういうの好き。

 ほとんど脈絡のない関西弁の会話のみから成る作品なんだけれど、独特のふんわかふわふわ感がたまらない。森博嗣のVシリーズから紫子さんのぐだぐだトークだけを取り出してきたみたい。

 いや、こういうなにも派手な事件が起こらない小説もいいもんだよなあ。これ読むと、「Fate」の日常描写はやっぱりだめだったのかな、と思わなくもない。