プライド (2) (クイーンズコミックス―コーラス)

プライド (2) (クイーンズコミックス―コーラス)

 読了。

 少女漫画界の女王一条ゆかりの最新作「プライド」絶好調の第二弾。

 愛憎渦巻くオペラ界を舞台に、プリマドンナの椅子をめざし人間としての誇りを賭けてたたかうふたりの少女の恋と成長の物語である。ひとことでいって、おもしろい。

 流行の変遷が激しい少女漫画界で30年以上にわたり第一線で流行作家として活躍してきた一条のすごみを思い知らせてあまりあるものがある。

 しかもそのおもしろさは一過性の薄っぺらなそれではなく、長い時間をかけて築き上げられた高度な構成力と高潔な精神に裏打ちされたものだ。

 この30年間で日本の社会環境はいくたびも劇的な変化をとげた。しかし社会がどれほど変化しても一条ゆかりは少女のための物語をえがきつづける。

 「プライド」。恋愛漫画の世界では一般に「愛」よりも軽視される人間の誇りを堂々とタイトルに持ってきたこの一作は、ここしばらくコミカルな作品がつづいていた一条ゆかりの新生を告げる作品になるかもしれない。